輝きだした君の夢

大野智くんのファンです。1999年からジャニオタ。

防振双眼鏡12倍を購入した話

昨年の話になります。

 

ずっと気になっていた防振双眼鏡。

 

職場の後輩が10倍の防振を買い、その素晴らしさを私に伝えてきた。その前からも気にはなっており調べているとみる景色がBlu-ray画質だ、本当にピタっと止まって感動する、と書いてあった。
でも価格が価格だけに迷う。。

そしたら、職場の後輩が「もし良かったら試してみてください!」と言って貸してくれたのだ。

 

そしてその防振双眼鏡10倍を持って嵐の東京ドーム公演に行った。


双眼鏡で覗く景色、本当にピタっと止まった。本当に本当。
Blu-ray画質っていうのもわかる。
本当に感動・・・。


そして2日目。席が40ゲートの2階席。
ピタっと止まる感動はそのままだけどもやはり10倍だと足りない気がした。
気のせいかな?と思い3日目もまた40ゲートだった、、(←席運のなさ)

ケースから出したら、備え付けていたボタン押す用のバンドがボタンの上に乗ったまま。
あ、ボタン押しっぱなしだ、電池切れてる。替えの電池、忘れた。
ただの双眼鏡として使った。(…)


休み明けに出勤後、そく後輩に感想を伝えると、当分使う予定がないからそれまで貸しますよと言ってくれてお言葉に甘えて貸してもらうことに。

 

翌週またドームへ行き試す。(ちゃんと替えの電池は持ったぞ。)
席はわりと前の方だったので「防振」という機能を再確認。

 

やっぱりすごい。

買おう、買う。

 

休み明けにまた後輩に感想を伝えて買う宣言(←)


在庫検索をしたらビックカメラの有楽町店にあったので、仕事が少し残業で遅くなったけども終わってからビックカメラに走った。
もう購入するのはCanonの防振12倍と決めていたので、売り場に行って店員に伝え、念のため試させてもらい「これください」

 

キヤノン:双眼鏡 BINOCULARS 12×36 IS III|概要

 


ドームの40ゲートの事を考えると10倍だと足りないので12倍にした。大は小を兼ねる。

 

そう簡単には手を出せない金額ではあったが、ちょうどボーナス時期だったから即決。

いや、もうこれを買うことで覗く景色が輝くならそれでいい、席が後ろでも大野くんを高画質で見たい、これが全て。


そして購入した防振双眼鏡12倍を持ってまたドームへ。

12倍双眼鏡の威力を思い知れ、と言わんばかりの天井席。(本当に席運、どこ?)

そんな天井から覗いた大野くん。

メインステージにいる大野くんの顔が画質良く見える。(席はバックステ前のスタンド後列)
本当、よく見える。12倍にして正解!!!

公演が終わった後、即友人に報告(友人も防振の購入を検討中)
ご飯に行った帰り道にその辺の景色を除いてもらい、防振を体験してもらったら感動していた。


そして翌日もまた天井。(…)
防振双眼鏡大活躍。


という感じで残りのドーム通いで、約9万円の元を取れた(気分)。

 

ちなみに、わりと前の席(アリーナBブロック)とかで入っても問題なく使える。距離が近いとどうなんだろう?と心配の人もいるかもしれないが、問題ないと思う。間違いなく全身は見れないけれども。。

そして個人的に一つ残念と思ったのは視界が狭いことかな。もともと使っていたのより1.5度くらい狭くなったんだけども、その1.5度が割と大きい。まあでも、きれいに見えるのは間違いないから自分は今後も防振双眼鏡の方を使い続ける。

明るさは特に気にならなかったから問題ないと思う。

 

 

とりあえず、本当に買ってよかった。
防振双眼鏡の購入を迷っている人がいたら、全力で購入をお勧めします。

※冬は在庫切れになっていることが多いので、夏秋頃だとすぐ購入できそうな気がする。